脇脱毛を行う上で心がてておくべきこと

脇

脱毛サロンや医療脱毛機関で脇のムダ毛を脱毛することを考えておられる人がいます。
最近のムダ毛の脱毛法の主流は特殊な光を用いて行われるもので、これに伴う痛みは比較的少なく、尚且つ肌に与えるダメージも小さいことから、多くの人によって支持されています。

しかし施術中は痛みを全く感じないというわけではありません。
この光はムダ毛に照射されると毛根に熱を与えるという性質を有しています。熱が加わった毛根は弱りはて、やがてムダ毛そのものが抜け落ちるという仕組みとなっているのです。

この熱が肌に伝わるとき、ゴムではじかれたような小さな痛みを感じるのです。またこの施術を行うにあたり、忘れてならないのが脇に生えているムダ毛の毛根の大きさです。

脇のムダ毛は他の個所に生えているものに比べると太く、それ故に毛根も大きいのが一般的です。そのため特殊な光を用いた施術を行うと大きな毛根に対してたくさんの熱が加えられることになります。

当然のことながらこの熱は脇に存在する神経を刺激することになります。このような状況により、脇のムダ毛の脱毛は腕や脚といった箇所のムダ毛を脱毛するときよりも若干強い痛みを感じることになります。

しかしムダ毛の太さは人によって異なりますので、脇のムダ毛の太さが腕や脚に生えているムダ毛の太さとそれほど変わらないといった場合、それほど大きな痛みを感じることはありません。

脱毛サロン、そして医療脱毛機関のどちらも使用する特殊な光の種類は同じです。しかし脱毛サロンではムダ毛の毛根を弱らせることが目的であるのに対し、医療脱毛機関では毛根を破壊することを目的としています。

そのため脱毛サロンよりも医療脱毛機関で使用される光のほうが威力が強く、それに伴って施術中の痛みも若干強くなります。それでもこの施術によって永久脱毛が可能になるというメリットが存在します。

また脱毛サロンでの脇脱毛は痛みが少ないというメリットがあるものの、永久脱毛には至りません。それでも施術後は毛根が弱るために、以前のような太いムダ毛が脇から生えてくることはなくなります。そのため施術後の処理は非常に楽になるのです。

脱毛サロンと医療脱毛機関での脇脱毛の主な違いは上記で述べた点と、施術に必要となる料金です。
一般的には医療脱毛機関での施術費のほうが高くなります。これらの点を思いに留め、どの脱毛機関で施術を行うかを決定することができます。

またムダ毛には毛周期というものがあります。これはムダ毛が皮膚内で作られ、その後皮膚上に現れて成長し、最後に抜け落ちるというサイクルです。

脱毛に用いられる特殊な光は皮膚上に生え出ているムダ毛に対してのみ効果を発揮するために、この施術を行う場合はすべてのムダ毛が皮膚上に現れるまで待つ必要があります。

しかし脇のムダ毛が生えている範囲はそれほど広くはありません。そのためこの個所のムダ毛の脱毛は腕や脚などに比べると比較的早く終了します。この点も脇脱毛のメリットの一つであると言えます。

また確実な永久脱毛を望む人は、ニードル脱毛をチョイスすることができます。
これは特殊なニードルを毛穴に差し込み、そこに電流を流して毛根を破壊するという施術です。
この方法は毛穴に対して行われるものですので、光を用いた脱毛のように毛周期に左右されません。

また一般的には時間がかかる施術ではあるものの、脇のムダ毛はそれほど多いものではありませんので、他の個所に生えているムダ毛の脱毛に比べると比較的短期間で終了します。

しかし光を用いた脱毛に比べると強めの痛みを感じることになりますので、この点に関してはしっかりと思いに留めておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ